お問い合わせ
TOP > 商品・サービス一覧 > 住設・防災機器他 > 防災用品 > ポータブル発電機
住設・防災機器他

ポータブル発電機

ポータブル発電機

カセットコンロでお馴染みの、コンビニでも手に入るカセットボンベで発電できます。
ガソリンと違って危険性が少なく、手も汚れず、長期保存後も始動がスムーズなのが特徴。
万が一の時に、「電気」が手軽に確実に手に入ります。

自助・共助・公助を原則とした防災意識の高まりと共に、
防災対策として、マンションの管理組合でのポータブル発電機のご購入も、
2011年3月11日以降、増えています。

家庭電源並の高品質な電力を出せる、
信頼の三菱重工製インバーター発電機(三菱ポータブルガス発電機MGC900シリーズ)。
ガスのポータブル発電機と言えば、三菱ポータブルガス発電機です!

防災意識の高い方々(個人・組合・会社)のために、
ポータブル発電機を防災対策の1つに加えて頂きたく、特別価格にてご提供中です。

■MGC900GB

一般のカセットボンベ(カセット燃料)を使用するポータブル発電機です。危険性も少なく、手も汚れず簡単にご使用いただけます。非常用発電機として、アウトドア用として最適です。
カセットボンベ2本で約1時間の使用が可能です。 
<ポータブルNo.1>

特別価格 88,000円+消費税
(送料別途)
カセットボンベは別売です。

メーカー希望小売価格 148,700円(税抜)

ポータブル発電機 MGC900GB

■MGC900GP

ガスボンベ(プロパン・LPG)を使用するポータブル発電機です。長時間運転が可能で、付属の燃料ホースを専用レギュレーターに接続して、簡単にご使用いただけます。
5キロのガスボンベで約10時間の使用が可能です。

特別価格 95,000円+消費税
(送料別途)
写真の5kgボンベは別売です。

メーカー希望小売価格 162,600円(税抜)

ポータブル発電機 MGC900GP

ガスのポータブル発電機をお薦めする理由

ガスのポータブル発電機だから3つの安心

1.ガスだから・・・
長期保管後も始動がスムーズです!
2.ガスだから・・・
低排出ガスで地球に環境にやさしい!
3.ガスだから・・・
カセットボンベなら手も汚れず扱いが簡単!

ガスのポータブル発電機の種類は2つ

ポータブル発電機

MGC900GBは一般のカセットボンベ、MGC900GPは通常のガスボンベ(プロパン・LPG)を使用するので、非常にお手軽にご使用頂けます。MGC900GBであれば、発電機の燃料のカセットボンベは、コンビニやスーパーで調達も可能です。燃料が入手しやすいものを選ぶのがポータブルを選ぶときのポイントです!
MGC900GB ・・・ 取り扱いやすいカセットボンベで手を汚さすワンタッチのポータブル発電機です。
MGC900GP ・・・ 外部のガスボンベを使用するので長時間の運転が可能なポータブル発電機です。

非常用のポータブル発電機として、レジャー用のポータブル発電機として

停電、災害等の緊急時の家庭用や非常用発電機としてだけでなく、キャンプやレジャーなどのアウトドアなどの携帯にもご利用いただけます。無線機やパソコン、携帯電話の充電、TV、ラジオ、電気ポット、電気ライト、炊飯器等の電化製品の緊急用の電源として、アウトドアにイベントにレジャーに、2口のコンセントで幅広くご利用頂けます!

非常用のポータブル発電機として保管される方が増えています!

「兵庫県南部地震における消防活動概要平成7年1月17日発生」(兵庫県西宮市消防局西宮市消防団まとめ)によると、阪神淡路大震災時には電力復旧に4日間かかったそうです。取扱が簡単で入手しやすいカセットボンベのガスのポータブル発電機なら、万が一の災害等の緊急用非常用発電機として最適です。
多くの方に備えていただきたく、特別価格にて販売しております。

ポータブル発電機の仕様
型式
MGC900GB MGC900GP
定格出力
交流 100V-850VA (50/60Hz)
直流 12V - 8.3A
電圧調整方式
インバーター方式
エンジン形式
空冷4サイクルOHVガスエンジン
使用燃料
ブタン(カセットボンベ) プロパン
使用温度範囲

10℃〜40℃ (注)

-15℃〜40℃
定格連続運転時間
約1時間(ボンベ2本) 約10時間(5kgボンベ)
騒音値
60dB(A) (定格運転時/7m)
乾燥重量
21kg 20kg
全長×全幅×全高
400×330×390 mm
(注)MGC900GBの始動可能外気温は10〜40℃です。
10℃未満では燃料の特性上、始動できない場合があります。
取扱説明書(PDF)ダウンロード
MGC900GB PDF取扱説明書 (773KB)
MGC900GP PDF取扱説明書 (774KB)
 
ページのTOPへ
ポータブル発電機の接写
ポータブル発電機ポータブル発電機
ポータブル発電機ポータブル発電機
ポータブル発電機ポータブル発電機
ポータブル発電機ポータブル発電機
ポータブル発電機の動画
  ▼ポータブル発電機の動画(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=do7sJQxNPUY
 
 
ポータブル発電機のQ&A
ポータブル発電機に関して、お客様より寄せられたご質問と回答を、ご紹介いたします。
Q1. ポータブル発電機 MGC900GPはメタンガスに対応していますか?
A. 弊社のガスエンジンはプロパンガスまたはブタンガス(カセットボンベ)用に設計されており、
メタンガスや都市ガスには対応しておりません。
Q2. エンジンオイルが必要とのことですが、どんなオイルを使用すればいいですか?
A. 使用環境により下記仕様の4サイクルエンジンオイル(潤滑油)を使用して下さい。
@オイルグレード(等級) API分類のSE級以上(現在流通しているのはSH、SJ、SL等)
Aオイル粘度 SAE規格の10W-30等
MGC900GB・・・ 使用可能外気温は10℃〜40℃です。10℃未満では燃料の特性上始動できない場合があります。
MGC900GP・・・ 使用可能外気温は-15℃〜40℃です。
Q3. ポータブル発電機のエンジンオイルの量はどれくらい必要ですか?
A. オイル量は0.4Lです。
Q4. ポータブル発電機 MGC900GPで5kg以外のボンベを使用してもいいのでしょうか?
A. 5kg以外のボンベも使用可能です。
但し、付属のレギュレーターをご使用下さい。
Q5. ポータブル発電機のオイル交換サイクルはどれくらいですか?
A. 使用開始後は20時間、その後は100時間毎に交換して下さい。
オイルは少しずつ消費しながら劣化していきますので、注ぎ足しをせずオイルを交換して下さい。
Q6. ガソリン発電機を使用後に長期保管していると使えなくなるケースがあると聞きましたが、
このポータブル発電機 MGC900GB、MGC900GPはそのようなことがありますか?
A. 一ヶ月程度で腐食することのあるガソリンと違って、ポータブル発電機 MGC900GB、MGC900GPは腐食の心配が殆ど無いガス燃料を使うため、長期保存後の再始動も基本的に可能です。但し、エンジンオイルは長期間換えないで使用すると劣化しますので、定期的に交換されることをお勧めします。
劣化したオイルを使い続けると故障の原因となることがあります。
Q7. 基本的に災害発生時の緊急対策用で考えておりますが、動作確認と使用方法の備忘のため、
年に1回くらいはポータブル発電機のエンジンを回してみようと思っています。
年に1回の試運転後の保管に際しての注意点を教えてください。
A. ボンベを取り外し冷暗所に保管してください。
リコイルスタータを引っ張り、重くなったところで止めておきます。
その他の項目としては、各部の清掃(エンジンオイルの交換、エアクリーナ(エレメント)の清掃等)を実施して下さい。
Q8. 点火プラグを交換しようと思いますが、指定されている点火プラグがありませんでした。類似のNGK社製BP6HS(抵抗無し)又は同等品を使用することができますか?
A. 使用できません。ポータブル発電機および電化製品が故障しますので、必ず指定のBPR6HSを使用して下さい。
Q9. ポータブル発電機 MGC900GP付属の圧力調整器(レギュレーター)は可変式ですか?
A. 圧力調整器は固定式です。圧力は0.2MPa(メガパスカル)です。
Q10. ポータブル発電機 MGC900GPは市販家庭用の圧力調整器によるガス圧で作動しますか?
A. 一般の圧力調整器ではガス圧が低すぎてエンジンを運転することができません。
よってポータブル発電機 MGC900GPをご使用頂く場合は付属の圧力調整器(レギュレーター)をお使い下さい。
なお、付属の圧力調整器やホースの取り付けは必ずLPガス取り扱い事業者へ依頼して下さい。
Q11. ポータブル発電機 MGC900GPの付属ホースの長さはどれくらいですか?
A. MGC900GP付属のホースの長さは3mです。
なお、付属ホース以外は使用しないで下さい。
Q12. 2台つないでの並列運転は可能でしょうか?
A. ポータブル発電機 MGC900シリーズを並列運転することはできません。本ポータブル発電機は、2台の発電機周波数をシンクロ(同期)させる機能が無いため、接続してご使用されるとポータブル発電機・電化製品の故障につながる恐れがあります。
Q13. セルモータ起動または外部から起動命令(接点信号)などで起動停止できるでしょうか?
また、起動ボタンを押すだけで起動するのでしょうか?
A. ポータブル発電機 MGC900GB、MGC900GPの始動方法はリコイルスタートによる始動方法のみとなっています。
そのため、外部信号等による遠隔操作にも対応しておりません。
Q14. 最初に使用するとき、ガスボンベをセットし、オイルを入れてから実際に使用可能になるまでどのくらいの時間が必要でしょうか?
A. ご質問の内容を「暖機運転の時間」として捉えますと、2分程度でオイルが温まり始めます。
但し、使用温度範囲はポータブル発電機 MGC900GB(カセットガス)は10℃〜40℃、ポータブル発電機 MGC900GP(プロパン)は寒冷地でご使用の場合、特に十分な暖機運転をお勧めします。
※注意 出荷時にエンジンオイルが入っていません。エンジンを始動する前にエンジンオイルを給油して下さい。
Q15. ポータブル発電機 MGC900GBの使用温度範囲は10℃〜40℃となっていますが、これを超えて暑い時には水等でボンベを冷やし、寒い時には体温等でボンベを温めれば大丈夫なのでしょうか?
A. ポータブル発電機 MGC900GBは使用温度範囲10℃〜40℃を超えて使用できません。
また、カセットボンベを冷やしたり温めたりすることは、ボンベの爆発・破裂等大変危険な可能性がありますので実施しないで下さい。
Q16. 計測器や精密機器等に使用することは可能でしょうか?
A. 一部の電化製品では動作確認を行っておりますが、計測器および充電器等の電子機器や精密機器、電子制御しているガス給湯器の中にはこれらの発電機が供給できる電圧よりも均一な電圧供給を必要とするものがあり、ご使用になれない場合があります。
また、使用される電子機器や周囲にある電子機器がポータブル発電機の電磁ノイズの影響を受ける場合があります。
Q17. 燃料切れ間近に電圧や出力は変動するのでしょうか?
A. ガスが残り僅かになるとエンジンの回転が不安定になり、ガスが無くなるとエンジンが停止します。エンジンの回転が不安定になると電圧、出力ともに変動します。
Q18. ガスが無くなったらすぐに新しいボンベに交換して、連続運転は可能でしょうか?
A. 停止後にガスを交換し連続して運転した場合、エンジンオイルのメンテナンス間隔の約100時間(初期のみ20時間)は連続運転が可能です。
Q19. ポータブル発電機 MGC900GB(カセットガス)において、片方のカセットガスを運転中に交換しての連続運転は可能ですか?
A. 交換時にガス漏れする恐れがありますので、必ずエンジンを停止して2本同時に交換して下さい。
Q20. ポータブル発電機 MGC900GB(カセットガス)において、カセットボンベの古いものと新しいものを混ぜて使用してもよいですか?
A. 混ぜて使用しないで下さい。
Q21. 排出ガスはどんな成分ですか?
ポータブル発電機を屋内で使用できますか?
A. ガソリンと同じくCO(一酸化炭素)、HC(ハイドロカーボン)、NOx(窒素酸化物)が出ます。NOxの値がガソリン発電機の排気より低くなっておりますが、排気ガス中毒の恐れがあるため換気の悪いところや屋内での使用はできません。
Q22. 寿命はどれくらいですか?
A. ポータブル発電機は、車と同様で内部にエンジンを積んでおります。
メンテナンスの仕方や使用環境で耐久性は変わりますが、およそ300時間から500時間程度になります。
震災対策の「耐震マット(粘着マット)・耐震金具」も取り扱っております。
耐震マット(粘着マット)・耐震金具 プロセブン 耐震マット・専用耐震金具

耐震マット(粘着マット)のプロセブンを使用した耐震金具です。オフィス、設備に! 床はもちろん、キャビネットや装置等に穴を開ける事無く固定が出来ます。耐震マット・専用耐震金具でリビングやオフィスの設備(パソコン・モニター・ディスプレイ・テレビ・液晶・家具等)を守ります。

ポータブル発電機で使用する、ガスボンベも取り扱っております。
忘れずに一緒にご用命下さい。

お電話でのお問い合わせ先
ガスソリューション事業部 営業二部 営業チーム
担当:佐藤・中嶋
TEL:044−435−5870(直)
Adobe Reader PDFの閲覧にはAdobe Reader(無料)が必要です。 お持ちでない方はAdobe社のサイトからダウンロードして下さい。
お問い合わせ | ご利用にあたって | 個人情報保護ポリシー | サイトマップ